我が家に煎餅みたいなトレース台がやってきた

イラスト

どうも、ししゃもです

我が家に煎餅みたいなトレース台がやってきました

アナログで絵を描くときは、裏側から見て絵のバランスをチェックしているのですが、光を当てないと透けませんのでこれまではPCの画面に近づけたり、デスクライトに近づけたりして確認していました

ししゃも
ししゃも

でもほら、やっぱり綺麗には見えないし、ズレてるのが分かって裏に正しい線を引きなおしても、机に置いちゃったら表からは見えないわけでして

つけペンやら紙やら買っちゃってるし、この際だからトレース台もゲットしておこうということで、Amazonでポチってきたわけです

ししゃも
ししゃも

それにしても最近のトレース台ってめちゃくちゃ薄いんですね、5ミリもありませんでしたぜ

思いっきり体重をかけると割ってしまいそうなので、ズボラしてトレース台の上を物置にしないよう気をつけようと思います

トレース台の使い心地

A4サイズかA3サイズかでけっこう悩みましたが、A4ピッタリだとA4にトレースする時に手を乗せるスペースがないかもと思ったのでA3サイズにしました

実際は、厚みが全然なかったのでベタ置きする分にはA4サイズでも充分だと感じました

傾斜をつけると、やはり手が台の外に出て描きにくくなってしまうので、後々描く姿勢が変わる可能性があるならA3のトレース台を買っておいた方が失敗せずに済むと思います

そしてトレース台で一番気になるところは明るさです

レビューで明るいと書いてる人と、暗いと書いてる人が半々だったのでちょっと不安でしたが、アホみたいに明るかったので杞憂に終わりました

ししゃも
ししゃも

部屋を真っ暗にしなくても、スケブに漫画原稿用紙を重ねても、十分にスッケスケだったぞ

最近の室内照明は明るいものが多いので、もしかすると部屋が明るすぎてあまり透けないのかもしれませんね

トレース台買ってよかった

まだ使い始めたばかりですが、すでに買ってよかったなぁと便利さを実感しています

落描きを簡単に別の紙へトレースできるようになったのも良い点ですが、やっぱり修正がしやすくなったのが一番助かってます

ししゃも
ししゃも

んふふふ、歪んでない綺麗なねこちゃんがたくさん描けちゃう。しゅてき☆

まぁ、今描いてるのはほとんどタヌキなんですけどね

ししゃも
ししゃも

タヌキがイヌ科って知ってた?言われてみると足とか鼻とか犬っぽいよね

絵を描く際の参考資料にタヌキの写真を探していると、しれっとアライグマが紛れていて、見つけるたびに「違う!お前じゃない!可愛いけど違う!」と画面に向かってギャーギャー騒いでいます

話がそれてしまいましたがそんな感じで、お絵かきアイテムにトレース台が加わって、ますます絵を描くのが楽しくなってきました

そんな感じで、これからも楽しくお絵かきしていきます

ししゃも
ししゃも

じゃあのっ!

 

※ししゃもが購入したトレース台が気になる方や、購入をお考えの方は下記からどうぞ。充電はできませんが、USB端子で繋いで電源を取るので、モバイルバッテリーに繋げば場所を選ばずどこでも使うことができます。安いのに不備がなく、とてもよかったのでオススメです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました