消しゴムハンコ作りに挑戦してみた

生活

どうも、ししゃもです

消しゴムハンコって懐かしい響きだと思いませんか

ししゃもは小学生の頃に授業をサボってよく作っていました

初めて消しゴムハンコを作った時あるある、”掘り間違えで押したら文字が反転”も経験済みです

消しゴムハンコ作りに挑戦

昔はカッターだけで作っていた消しゴムはんこですが、今はいろいろな道具も知っていますし、作り方の動画もあるので昔よりもいいものが作れるのでは?

そんなふとした考えから懐かしの消しゴムハンコ作りに挑戦することにしました

素材と道具

まず、消しゴムハンコをつくるにあたり、素材と道具を調達してきました

ししゃも
ししゃも

ドーン!

左から、消しゴムハンコ用のゴム版、彫刻刀、デザインナイフ、スタンプ台、となっています

トレーシングペーパーもあった方が良いそうですが、コピー用紙でいいかと思ったので買いませんでした

ちなみに、素材も道具も全部100均で買っています

ししゃもはデザインナイフだけセリアで買いましたが、デザインナイフもダイソーに売っているので、ダイソーに行けば素材も道具も全部そろいます

ししゃも
ししゃも

それにしても、今は消しゴムハンコ用のゴム板なんてあるんですね。知らなかったのでびっくりしました

印刷して転写

アイビスペイントでぺぺっと作ったイラストをプリンターで印刷します

スタンプのサイズは2.5cm×2.5cmの正方形にしました

印刷したもの絵をシャーペンでなぞり、ゴム版に転写します

転写がへたくそすぎて線が綺麗に写りませんでしたがこのまま続行します

カット

転写をしたらあとは線に沿ってカットしていくだけです

今回は初回なので作り方の動画を見ずに作ったらどうなるのか実験してみました

本当に作り方がさっぱりわからないので、とりあえずデザインナイフで写した線に沿って切れ込みをいれて、あとは適当に彫刻刀で削ってみました

カットの途中経過はこんな感じです

初心者感溢れる汚い仕上がりですね

作り方を知らずにやったら、まぁ当たり前ですがこうなります

言い忘れていましたが、この消しゴムハンコ用のゴム版は三層になっていて、裏表どちらの面でもスタンプを作ることができます

インクの付く部分が色付きで残ってくれるので、どこを掘ればいいのかが分かりやすくてとても便利です

あと、失敗しても裏面からまた掘りなおせばいいので思い切ってスタンプを掘ることができます

掘り終わったので押してみる

掘るのに夢中になるあまり、掘り終わるまで写真を撮るのを忘れていました

ししゃも
ししゃも

やっちまったぜ☆

というわけで掘り終わったものがこちらになります

文字のところとか目視では文字が潰れていそうなのですが、果たしてどうなのでしょうか

では、インクをポンポンとつけて……

ししゃも
ししゃも

そいやっ!

ししゃも
ししゃも

おぉ~!

どうでしょう、少し線は荒いですが文字もちゃんと読めますし耳の線もくっきりと出ています

初回にしては中々良い出来なのではないでしょうか

スタンプづくりの動画を見てみた

さて、手っ取り早くきれいに作る方法が知りたかったので、作り終わってすぐに消しゴムハンコ作りの動画を見てきました

こちらのチャンネルでは、消しゴムハンコの製作の様子や作り方、道具の紹介等をされているのでとても参考になりました

ししゃも
ししゃも

なんとほぼカッターだけでハンコを作っておられました

どうもこの方は彫刻刀はあまり使わないようです

あまりにも鮮やかなカット技術にししゃもも思わず「おぉ~!!気持ちいい~!」と感嘆の声をあげてしまいました

ししゃも
ししゃも

あと、トークがとても面白いです。個人的にツボです

消しゴムハンコを作ってみたい人は、ぜひこの動画を参考にして作ってみてください

まとめ

思ったよりもきれいに消しゴムハンコを作ることができたのでししゃもは満足です

まだ素材が余っているので、もっときれいにカットができるよう練習しようと思います

ししゃも
ししゃも

愉快なハンコができたらまたブログで紹介しますね~

※追記

その後、動画を見つつしばらく練習したらちょっと上手になりました

消しゴムハンコづくり楽しいですね

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました