【エレキギター】個人趣味でやるならこのセットでいいと思う

ギター

どうも、ししゃもです

ギター初心者の中には「別にそんなにガチでやるわけでもないし、趣味で自宅で楽しめたらそれでいいかな」くらいの考えの人もいるのではないでしょうか

ししゃも
ししゃも

というか、ししゃもがそんな感じ。スタジオでやったり、バンドを組みたいというわけでもない

そんな個人的な趣味でやりたい人向けに、ししゃもが実際に使っているセットの紹介と、買うときの選び方のポイント(初心者目線)を紹介・解説致します

尚、ししゃもが弾いているのはエレキギターなので、エレキギター向けの内容となります

その点だけご注意ください

ちなみにこんな人におすすめの内容です

  • 面倒くさがり、飽き性、熱しやすく冷めやすい
  • 部屋が狭い
  • 近所への騒音が気になる
  • とりあえず一人で楽しめたらOK

ししゃもが使っているセット

ししゃもが実際に使っているものはこんな感じです

これらに加えて、ギター本体とギタースタンド、ソフトケースがあるだけになります

ししゃも
ししゃも

以上です

買うときの選び方のポイント(初心者目線)

では、先ほど紹介したししゃもが使っているセットを選ぶに至った理由や、それぞれを選ぶ際に気を付けたポイントを解説していきます

ギター

当たり前ですが、これがないとギターができません

色々なタイプのギターがありますが、初心者には違いなんてこれっぽっちもわからないので、ギターに慣れてきて違いがわかるようになってからこだわればいいと思います

わからないうちは「見た目が気に入った」とか「ネックの手触りが好き」とかそんな理由で選べばいいんじゃないでしょうか

ただ、手の大きさによって合う合わないはありますので、その点だけは気を付けましょう

ししゃも
ししゃも

ネックの太さは特に重要なので、買う前に実際に持ってみて自分の手にフィットするか確認しよう!

アンプは用途で選ぶ基準が変わる

ところで、冒頭の写真を見て

ししゃも
ししゃも

えっ、これだけ!?ギターのセットってこんなにコンパクトになるの!?

と思った方もいるのではないでしょうか

何故あんなにコンパクトになったのかといいますと

まず、ししゃもはまだ音にそこまでこだわりがない(というかよくわかんない)のでサウンドメイクに興味がありません

ししゃも
ししゃも

なんか、ジャカジャカ弾けたらそれだけでも楽しいので、ギター単体でジャカジャカできたら満足

そのため、アンプに関してはエレキっぽい音が聞けたらOKということで、イヤホンからのみ音がでる小型のものを使っています

ちなみに、使っているのはこちらのアンプです

今まではこれで充分だったのですが、ブログ用に弾いてみた動画の投稿をしてみたいなと頭の片隅で思案中なので、今後アンプあたりは買い替えるかもしれません

別に投稿とかもしないならこの小型アンプは使い勝手がいいのでめちゃくちゃオススメです

ししゃも
ししゃも

ほら、大きいアンプって邪魔だしね

また、アンプが小型なのにはもう一つ理由があります

シールドをなくすためです

シールドはギターをアンプなどの機材につなげるためのケーブルです

これ、自室で使う分には邪魔だと思いませんか

さらに、ギターの練習のたびにシールドをさして、抜いて、直すというのも面倒です

ししゃも
ししゃも

ししゃもはとにかく面倒くさがりの飽き性なので、面倒くさいことや邪魔くさいことは全部省きたかった

その結果が小型アンプとクリップ型チューナーの採用によるシールドの排除です

ししゃも
ししゃも

さっきのギターセット(冒頭の画像)にシールドが加わるだけでものすごくスペースを取るので、やはりししゃも的には邪魔かなって思う

シールドもアンプも邪魔に感じない人は、クリーントーン・オーバードライブ・ディストーションの3つのサウンドが搭載されたアンプを選ぶと、いろいろな音を試せていいと思います

チューナーはクリップ型が一番いい

チューナーにも色々種類があります

シールドで繋ぐもの、卓上タイプのもの、クリップ型のモノ

全部試したことがありますが、クリップ型が一番楽で場所も取りません

さらに付け加えるなら、卓上タイプが見やすいという話はうそです

絶対にクリップ型の方が見やすいです

ししゃも
ししゃも

ちなみに、ズボラが加速するとギターにクリップ型チューナーを挟みっぱなしになります

でもクリップのバネが緩むと困るので定期的に外しています。その辺はちゃんとしています

弦は意外と切れない

弦がどれぐらい持つのか今実験中なのですが、4カ月毎日使っていても切れませんでした

ししゃも
ししゃも

ししゃもは一日5分~15分の練習が平均なのでそれもあるかも

それでも、4カ月目にきて曲を練習し始めたところ、弦が伸びやすくなりチューニングがすぐに狂うようになったので、替え時の気配を感じています

弾いてる途中にパチーンッ!って切れたらトラウマになりそうなので近いうちに交換します

適度にお手入れして、荒い弾き方をしなければ弦は意外ともつので、弦に関してはギター購入時に焦って買わなくても大丈夫です

また、弦にも色々な種類がありますが、特徴の説明文を見たところで結局何一つ違いは判らないので、適当に買ってみて、これはダメだった、あれは弾きにくかったとあれこれ試したらいいと思います

ししゃも
ししゃも

百聞は一見にしかず的な感じ。やってみねば何もわからぬというやつです

ギタースタンドは必須

初心者セットだと入っていたり、入っていなかったりしてあんまりいらない雰囲気を漂わせているギタースタンドですが

絶対にあった方がいいです

とくに、面倒くさがりで飽き性の人は必須アイテムと言えます

例えば、ギタースタンドがないと

ケースから取り出す→チューニング→練習→弦を緩めてケースにしまう

という動作を毎日練習するなら毎日繰り返すことになります

これがギタースタンドがあると

ギターをもってチューニング開始→練習→弦を緩めてスタンドに立てかける

という動作だけで済みます

この動作を減らすのがいかに大事かをわかりやすく例えると

前者の人がケースから出して準備する時間と、練習が終わってケースに直している時間だけで、ししゃもの毎日の練習は終わります

どうでしょう、すごく時間がもったいなく感じませんか

ししゃも
ししゃも

毎日する動作だからこそ、無駄をなくして効率よくして、楽にできるように環境を整えた方が何でも続けやすいものです

教則本は買っておいた方が困ったときに役立つ

今は動画での独学が主流ですよね

ししゃも
ししゃも

ししゃもも動画で色々勉強しています

それもあって、教則本を買わない人が増えていますが、教則本にはコードの一覧表など便利なものもあるので買っておいて損はしません

尚、ししゃもは面白そうという理由だけで「バンドリで始めるエレキギターという本を買いました」

これです

買った感想ですが

ししゃも
ししゃも

こんな速い曲いきなり弾けるか!

ってなりました

もうちょっと速い曲も弾けるようになったら、改めて読みながら練習してみようと思います

ししゃも
ししゃも

好きな曲があるだけにちょっと残念……しょげ

あと、CDやDVDなど音源がないのも困ったポイントでした

譜面だけ見ても初心者はリズムの取り方もさっぱりわからないので、初めてギターをする人は、教則本を買うならCDやDVDなど音源がセットになったものを選ぶのをオススメします

他にはギターのコツが書かれている本もししゃもは買いました

初心者用の教則本では細かいところまではカバーしてくれませんので、それの補完用です

ししゃも
ししゃも

指の開き方とか、ピックの正しい使い方とか参考になるものがたくさんあったぞ

動画で調べるにしても、やはり多少なりとも知識がないとそもそも検索すらかけられませんので、本は1~2冊は持っておいた方が便利です

ピックは色々買ってもいい

ピックでも弾きやすさは結構変わります

ししゃも
ししゃも

ししゃもはよくしなるおにぎり型ピックがお気に入りです

あと、弾きやすさとは関係ありませんが、面白いピックでギターを練習すると単純に練習が面白くなります

個人的には道路標識ピックが面白くてオススメです

まだ買ってませんがそのうち買って遊びたいなと思っています

ししゃも
ししゃも

でも平成ピックは記念品感があってなんか使いづらい

こんな感じでピックは好きなものを買って楽しんでいれば、おのずと自分の好みや弾きやすいものがどれかわかってきます

お手入れセットは店員に聞こう

お手入れセットについてはギターの仕上げによって適切、不適切があるので楽器店の店員さんに「このギターのお手入れには何を使ったらいいですか」と聞くのが一番手っ取り早くて失敗しません

わからないことは楽器店で聞けば、結構なんでも教えてくれます

ししゃも
ししゃも

とはいえ、エフェクターについて店員さんに聞いた時は、専門用語出まくりでししゃもにはちんぷんかんぷんだったので、聞く内容は選んだ方がいいです

一応、ししゃもが使っているお手入れセットを紹介しておくと

  • クロス2枚
  • ギターポリッシュ
  • 指板潤滑剤

以上です

クロスは絶対にスプレーごとに分けた方がいいのでスプレーの種類と同じ数だけ用意しておきましょう

初心者セットはギターを見て選ぶといい

初心者セットがオススメだのオススメじゃないだのという話はよく耳にしますよね

どっちの言い分も一理あるのですが、結局のところ続けられなければ、バラでいいギターを買おうが、セットの安いギターを買おうが意味がないわけです

ギターに愛着が湧くなら中古でも安物でもいいですし、気に入ったギターが初心者セットのものでないならバラで買えばいいだけの話ではないでしょうか

実は、ししゃもは今使っているギターの前に、一度初心者セットを買って挫折しています

そのため、初心者セットのいいところと悪いところもわかります

二度目の購入でバラ買いをしたのは、初心者セットを買って意外と使わないものが多かったからです

当時は今ほど動画とかの情報が溢れていなかったので、独学がしにくかったのも挫折の原因だとししゃもは考えています

ししゃも
ししゃも

昔と違って、今は動画も豊富だから独学がとてもしやすいのだぞ

なので、スクールに通うか独学かで迷っているなら、とりあえず独学で3ヶ月ほど続けてみて、どうしてもつまづいて進めないという壁に当たったらスクールを検討するといいと思います

ししゃも
ししゃも

初めからどちらか一本の道を選ぶ必要性なんてないので、買ってから柔軟に対応すればいいんじゃないでしょうか

まとめ

ししゃもが実際に使ってきたセットと、各アイテムの選び方のポイントを経験談もふまえて紹介しましたがいかがでしたか

ここまで紹介してきた内容をまとめると以下の通りです

  • アンプは多様なサウンドが搭載されたもののほうが色々試せていい
  • シールドはなくそうと思えばなくせる
  • チューナーはクリップタイプが一番いい
  • ギタースタンドは必須
  • ピックは難しく考えず好きなものを買う
  • お手入れセットは店員さんに聞いて適切なものを買う
  • 教則本は音源付きのものがオススメ

初心者セットかバラ買いかで迷ったらここに注目

  • ギターが好みのデザインか(愛着が湧きそうか)
  • ギターのネックのサイズは自分の手に合っているか
  • 使わないものばかりがセットに含まれていないか

さいごに、無駄が少なくていいんじゃないかなと思った初心者セットがあったので載せておきます

ちょっと他の初心者セットと比較すると割高感がありますが、安物のセットを買って買いなおしたり買い足すくらいなら、これを買ってギタースタンドとお手入れセットと教則本を買い足しに行った方が結果的に安く済むと思います

では以上で終わります

ししゃも
ししゃも

ギターに興味がある人はぜひ始めてみてね

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました