絵の背景で困ったら「簡単な背景の描き方」

イラスト

どうも、ししゃもです

ちょっとしたイラストの背景で悩むことってありませんか?

ししゃもは頻繁に悩みます

例えばこんなとき

 

これでもいいような気がしますが、なんだかちょっと物足りないと感じませんか?

ししゃも
ししゃも

風景まではいかなくてもいいけど何か背景にちょい足ししたい…

本記事ではこういった、ちょっと背景に何かほしいなぁという時の簡単な背景の描き方を紹介します

簡単な背景の描き方

本記事では以下のようなお悩みを解決致します

  • 背景が思い浮かばない
  • 簡単な背景の描き方を知りたい
  • 真っ白背景はもう嫌だ!

たくさんの画像を使いながらわかりやすく解説しますので、記事をみながらお手持ちのイラスト制作ソフトを起動して実際にやってみてください

投げ縄と塗りつぶしで背景をつくる

もっとも簡単で手軽なやり方です

なんとびっくり3ステップで完成します

Twitterでもバズっていたこともあるので知っている人は知っている手抜き背景となります

では、実際に冒頭の「お掃除ししゃもねこ」のイラストに背景を描き足してみましょう

※ツールが分かりやすくて見やすいのでアイビスペイントを用いて解説していきます

 

1.まず、レイヤーを追加します

2.投げ縄で適当に線を引きます

これぐらい適当でOKです

3.次に、塗りつぶしツールで選択範囲を塗りつぶします

以上です!

ししゃも
ししゃも

本当に3ステップでできちゃったぞ!

お好みで不透明度ロックをかけて色を変えたり

 

レイヤーを追加してクリッピング機能をつかい、オーバーレイなどのブレンドモード(合成モード)も活用するといいでしょう

貼り絵風背景

四角や三角などの図形を適当に作って組み合わせてつくる背景です

本記事のアイキャッチでも利用しています

作り方はとても簡単です

最短だと1ステップで完成します

では作り方の解説にうつります

 

図形を沢山適当に作って配置します

(あらかじめレイヤーを分けておくと移動変形がしやすいです)

大きさが不揃いだと、より貼り絵っぽくなっていい感じになります

このまま背景にしてしまってもOKです

もう少し手を加えるのなら、ちょっと傾けてみたり

ぼかしフィルターをかけるとまた違った雰囲気になるので、応用がききます

色はなんでも構いませんが、パステルならパステル、ビビッドならビビッドとある程度は統一したほうが見栄えは良くなります

でも絵は自由に描いて良いのだから、その辺は好きなようにすればいいと思う

ちなみに、ししゃもはパステルカラーが好きです

目に優しそうですよね

塗りつぶしと拡大縮小で作る背景

超手抜きでとても簡単な背景の描き方です

使うのは塗りつぶしツールと移動ツール、拡大縮小ツールのみです

デジタルお絵かきソフトのツールに全然慣れていない人でもできます

 

1.レイヤーを追加します

レイヤー全体を塗りつぶします

それを縮小してそのまま額縁みたいにしたり

すこし色を変えたものを複数作って、ずらして配置してみたり

四角をたくさん重ねて奥行をだしてみるなど

 

こんな感じで、塗りつぶしと移動縮小拡大だけでも色々つくれます

ししゃも
ししゃも

なんて簡単!

ちなみに、図形ツールで四角を描くというやり方でもつくれます

対象定規などのツールを使う

こちらのやり方では下記のような背景ができます

線対象定規や回転対象定規などを利用して適当な模様をつくり、それを背景にしてしまいます

意外と簡単ですので、難しそうだなと敬遠せずにやってみてくださいね

 

1.ではまず、定規を出します(今回は回転対象定規を使用)

2.右上を中心点に指定し、A点からB点へ向けてピッと直線をひきます

すると下図のようになります

3.あとは塗りつぶしツールで色を塗るだけの簡単な作業です

4.不透明度ロックやクリッピング機能を活用して、お好みでカラフルにしたりしてみてください

まとめ

背景の簡単な描き方についてご紹介しましたがいかがでしたか?

当ブログで使用しているアイキャッチで参考になる背景があるかもしれませんので、参考資料にギャラリーものぞいてみてくださいね

背景がなくても映えるイラストもありますので、背景だけにとらわれず柔軟に楽しくお絵かきしてくださいね

ししゃも
ししゃも

絵は楽しんでこそだぞ!

では、おわります

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました