即席ブックカバーの作り方

生活

どうも、ししゃもです

本をちょっと持ち出したい、でも汚れるのは嫌だなぁ

ししゃも
ししゃも

あぁブックカバーを残しておけばよかったのに……

そんなちょっとブックカバーが欲しい時に作れる「即席ブックカバー」の作り方を紹介します

一つ20秒くらいで作れるので急いでいるときにも使えます

即席ブックカバーの作り方

本記事で紹介するブックカバーはよく本屋でも貰う紙のブックカバーになります

というか、本屋でもらう紙のブックカバーを自分でつくるだけです

本より大きい紙を用意します

真ん中に本を置きます

上下に折り目を付け、折ります

折れたら下図のようにどちらか一方に寄せて本を置きます

この時、少しだけカバー部分が本より出てくるようにしておいてください

本を置いてない方のカバー部分を、本側に向けて折ります

あとは両面のはみ出ている部分を下図のように内側に織り込めば

即席ブックカバーの完成です

こんなことも

ついでにちょっと印刷してブックカバーで遊んでみました

ししゃも
ししゃも

プリンターが来てはしゃいでいるだけですね

さいごに

ししゃもは近くにあったコピー用紙を使いましたが、本当に紙なら何でもOKです

余ったチラシや新聞紙でも作れますので、ちょっとブックカバーが今欲しい!なんて時に活用してください

また、紙より時間はかかりますが、このブックカバーの作り方の基本さえ分かっていれば布でも作ることができます

ししゃも
ししゃも

滅多にそんなことはないとは思いますけど、ししゃもは普段から誰かに本を貸すことを想定していないので、本を貸す際に被せるブックカバーがなくてちょっと焦りました

ちなみに画像内でカバーをかけていた本は「やがて君になる(仲谷鳰)」です

「さよならオルタ」で電撃大賞を受賞した仲谷鳰先生の初の連載漫画になります

全八巻完結済みですので気になった方は読んでみてくださいね

ししゃも
ししゃも

こんなに「漫画を描くのが上手」と感じる漫画も珍しいですよ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました