切り花を長持ちさせる方法

生活

どうも、ししゃもです

休校やイベント中止に伴い、花が売れなくなって困っている花屋さんが多いと聞きつけました

不要な紙ではなく困っている花屋さんで花を買ってお家に癒しスポットを作ってみませんか

ししゃも
ししゃも

みんなで卒業式やイベント時にお世話になった花屋さんを応援しよう!

切り花を長持ちさせる方法

花は簡単な手入れで長持ちさせることができます

切り花を長持ちさせるコツは以下の通りです

  • 水切り(根元をカット)をしよう
  • 水は毎日入れ替えて清潔に
  • 余分な葉、枯れや蕾などは適度に取り除く
  • 水は少な目でOK
  • 直射日光や風の当たらないところに置こう

一つずつ順番に解説していきます

水切り(根元をカット)をしよう

毎日茎の根元1センチくらいをカットしてあげましょう

根元の切り口を新鮮に保てるので水の吸い上げがよくなります

ししゃも
ししゃも

茎は斜めに切ると断面積を広くとれるので、その分たくさん水を吸ってくれるようになるぞ

カットする際は茎の導管に空気が入らないように水の中で切りましょう

また、茎から雑菌が入るのを防ぐために、ハサミは中性洗剤などで洗って清潔にしてから使用しましょう

ししゃも
ししゃも

ハサミの切れ味が悪いと逆に茎をつぶしてしまうので気を付けよう

水は毎日入れ替えて清潔に

水を清潔に保つのは、切り花を長持ちさせる基本です

水も放置しておくと雑菌が増えてしまい、汚れた水を吸うと花が枯れるのが早まります

水替えのついでに花瓶も綺麗にこすり洗いをし、切り花の茎がぬるぬるしていたらそちらも綺麗に洗い流しましょう

余分な葉、枯れや蕾などは適度に取り除く

切り花に葉がたくさんついている場合は葉を適度に取り除きましょう

葉がたくさんついていると、葉から水分が出て行ってしまい、早く枯れる原因になります

ししゃも
ししゃも

全部取り除くと光合成ができなくなって栄養が作られなくなってしまうので、取り除きすぎもダメだぞ

同様に蕾もたくさんついていると栄養分が蕾にとられてしまい、開いている花の持ちが悪くなってしまいます

バランスを見ながら葉と蕾の量を調節しましょう

余談ですが、切り花の中には蕾が順に開花するのを楽しむ花もあります

蕾を上手に咲かせるコツは以下の通りです

  • 蕾が多い場合は適度に間引く
  • 葉は栄養分を作ってもらうために必要なので間引きすぎないようにする
  • 「糖」を水に加えると蕾がよく開くので、水1リットルあたり小さじ1程度の砂糖を入れた水につける
ししゃも
ししゃも

切り花用の栄養剤等もあるので、それを利用するのもアリだぞ

水は少なめでOK

水を花瓶にたくさん入れると、茎の部分が多く水に浸かってしまい茎の痛みが早まります

水を吸うのは根元の部分だけなので、茎全体を付ける必要性はありません

茎の痛みを抑えるためにも、花瓶に入れる水の量は少な目にしておきましょう

ししゃも
ししゃも

大体3~5cmくらいの深さの水に活けるといいらしいぞ

直射日光や風の当たらないところに置こう

花なのだから日の当たるところがいいと思いがちですが、実は直射日光は切り花にとってあまりよくありません

エアコンや扇風機など、風の当たるところに置くのも傷みやすくなる要因となります

また、ずっと明るいところに置いておくのも長持ちしなくなる原因になります

暗くなると葉の気孔が閉じ、水分の蒸発が止まります

ししゃも
ししゃも

その間に日中蒸発した水分を回復させるので、植物にも朝と夜の区切りはとても大切なのだ

さいごに

本記事では切り花を長持ちさせる方法について書きました

全部やるのが面倒な人のために「なんとなく茎を毎日カットして、とりあえず水の入れ替えだけでもしておくだけでもかなり長持ちする」というズボラ情報を添えておきます

とはいっても、カットするならついでに葉も落として、水の入れ替えもするならついでに花瓶も洗ってと、ついでにできる作業ばかりなのでやった方がいいと思うぞ

花より団子な方も、たまにはご家族や友人の為、はたまた自分へのお祝い事や気分転換に花を買ってみてはいかがでしょうか

ししゃも
ししゃも

自然のものは癒し効果抜群ですぞ

おまけ

ところで、よく耳にするあれ

ししゃも
ししゃも

10円玉を一緒に入れると長持ちするとか、砂糖を入れると長持ちするとかです

これらは科学的根拠のない迷信みたいなものなので、あまりあてにしないほうがいいです

ししゃも
ししゃも

どこかで実験結果をみたけど、なぜか炭酸水が一番花が長持ちという結果だったぞ。なんで炭酸水で長持ちするのかししゃもにもわかりません

ちなみに、10円玉を入れた水に活けていた花は真っ先に枯れました

抗菌効果を望むなら、銅より銀のほうがいいのではないかとししゃもは思います

では、おわります

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました