簡単美味しい塩バターポップコーンの作り方

生活

どうも、ししゃもです

本記事ではポップコーンメーカーを使っても、お鍋で作ってもおいしく作れる塩バターポップコーンの簡単な作り方についてご紹介いたします

簡単美味しい塩バターポップコーンの作り方

材料

ポップコーンメーカーで作る人は下記の材料を用意しましょう

  • ポップコーンの種
  • バター

お鍋の人はこれにプラスしてサラダ油を用意してください

ポップコーン専用の油もありますが、ここで紹介するやり方では油にはこだわらなくてOKです

また、分量はポップコーンメーカーによって作れるポップコーンの量が変わるのでお好みで調節してください

お鍋で作る場合の、種と油の分量の目安は手順1のヒントに記載していますのでそちらを参考に用意してください

手順1:ポップコーンを弾けさせる

ではまず、ポップコーンの種(以下、”種”と表記)を弾けさせます

ポップコーンメーカーで作る人は欲張って種をメーカー既定の量以上を入れないようにしましょう。思ったよりもたくさんできすぎたり、他の種がはじけている間に、まだ弾けていない種がバンバン飛び散って悲惨な目に合ったりします(経験者は語る)

お鍋の人は先ほどの材料で用意したサラダ油だけでポップコーンを作ってください。このとき塩は入れなくてOKです

お鍋で作る時の油の分量は種がかろうじて溺れない程度の分量にしましょう。また、種はなべ底が上からのぞき見できるくらいの量にしておくと良いと思います。
溢れたり焦がすのが怖い人は種をなべ底の面積の半分が隠れる程度の量にしておきましょう。その場合も油の分量は種があっぷあっぷと水面(油面)から顔を出している程度で作ります

手順2:バターを溶かしてかける

ポップコーンを弾けさせたら用意していたバターを溶かしましょう

溶かすのはレンジでもお鍋でもなんでも構いません

熱し過ぎでバターが消し炭にさえならなければOKです

そして、溶かしたバターを先ほどのポップコーンに少しずつ全体に満遍なくかけます

ししゃも
ししゃも

かけすぎると器の底にバターが溜まって勿体ないので足りなければまた追加するつもりで最初は少なめにかけていいと思います

手順3:塩を振りかける

さいごに塩をささっと振りかければ完成です

注意点ですが、塩は必ずバターをかけた後に振りかけてください

特に油を使わずに作るポップコーンメーカーで作ったポップコーンは塩をバターの後にかけないと、いくら塩を大量に振りかけてもポップコーンから塩が落ちるので全く味がつきません

バターをかけた後なら、バターに塩がしっかり絡むので少ない量の塩でもちゃんと味がします

ちなみに、バターだけでも超美味しいので塩分が気になる人は塩なしで食べてしまいましょう

まとめ

できあがったポップコーンはなるべくアツアツのうちに食べましょう

自宅で作るポップコーンは冷めると味が急激に落ちてしまいます

一度にたくさん食べられないという人は作り過ぎないようにしましょう

ししゃも
ししゃも

あなたもこれでポップコーンマスターだ!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました