【感想】なまけ闘病記「一読の価値あり」

SLE

どうも、ししゃもです

なまけサバイバー(@namake_survivor)さんが出版された闘病記

なまけ闘病記」を読んできました!

ししゃも
ししゃも

おお!これはぜひとも広めたい!

と思いましたので、感想を書きがてらこちらの本をご紹介していこうと思います

読んだ感想:鼻血が出るほど面白い

Twitterで「なまけ闘病記」という本が出版されたとお見かけし、なんとなくkindleへ足を運んだところ

ししゃも
ししゃも

なにこれめっっっちゃ面白そう!

と長年本を読み続けてきた本の虫の直観がそう感じたので読んでみました

先に申し上げておきますが

めちゃくちゃ面白いです

ししゃも
ししゃも

闘病記なのにこんなに面白くてええんか…

鼻血が出るほど面白い闘病記と作者本人が申しておりましたが、マジで鼻血がでるくらい面白いです

しかもとても読みやすい

なんとなくパラパラと読み始めると、続きがついつい気になってしまい、あっという間に読み終わってしまいました

圧倒的リアル!と表紙にもあるように、こちらの内容は全てノンフィクションです

しかしながら、フィクションかと錯覚するくらいにはものすごくストーリー性の強い内容となっているので、難しく考えず一つの物語を読むくらいの気持ちで読み進められます

ししゃも
ししゃも

その点が幅広い層に読んでもらいやすそうですばらしいと思いました

さらに、闘病記ってちょっと重苦しいイメージがあったり、難しい内容のものが多かったりとなかなか気軽に手を出すジャンルではないなぁと思いませんか?

そのうえ全然知らない病気の話だとよりとっつきにくいなって感じたり…

その中で、「なまけ闘病記」は表紙も明るい印象ですし、内容も表紙の雰囲気通りとてもポジティブなものになっていますので、非常に手が出しやすい闘病記だと感じます

ししゃも
ししゃも

「面白そうな闘病記」ってパッと見て感じちゃえるところがすごいと思う

病気の本ならこちらもオススメ

ところで話が変わりますが、ししゃもは以前こんな本の感想も書いております

こちらは漫画です

こちらも「入院してるのにこんな面白くてええんか…」と思ったエッセイなのでオススメしておきます

感想記事はこちら

入院あるあるがたくさんあって入院経験者は共感できる部分も多いと思います

ししゃも
ししゃも

面白いのに読めば読むほど作者大丈夫か?と作者の健康を気遣いたくなる作品です。あと、絵の表現力がすごいです

カビさんの表現力には驚かされます

難病・膠原病と闘う人に役立つ情報も!

では「なまけ闘病記」の話にもどります

こちらの本ですが、面白いだけではございません

難病者・膠原病患者の生活の心得や難病者に必要な考え方や学びなどがたくさん記載されています

ししゃも
ししゃも

ししゃもも同じようなことを医師から聞いたり、自分も含めてSLEの人ってそういった面は確かにあるなと、とても納得のいくものばかりでした

難病になってこれから先の事で悩んだり、検査結果で一喜一憂したり、しんどいこともすごいたくさんあるけれど、それでも前向きに生きていくためのヒントが詰まった作品です

ししゃも
ししゃも

ぜひ難病者・膠原病患者だけにとどまらず、その家族や友人にもぜひとも読んでもらいたいです!

なまけ闘病記の詳細は下記のリンクからどうぞ

ししゃも
ししゃも

一読の価値あり!

SLEは症状もその経過も様々なので、治療や病状についてはあくまでも一例として参考程度に読むようにしましょう

著者のブログも有益情報がたくさん

なまけ闘病記の著者”なまけサバイバー”さんですが、ブログも運営されています

著者のブログサイト:本日もなまけ日和

なまけサバイバーさんご自身の経験談やまとめ記事など、役に立つ情報がたくさんあります

他のSLEの方の経験談も紹介されているので、いろいろな人の発病・治療のケースも知ることができます

あと、これはししゃものおすすめですが、ブログを訪問したらとりあえずプロフィールを見に行ってみましょう

そこには癒しがいます

ししゃも
ししゃも

なまけといえばアレだよね~

おまけ:なまけ闘病記読了後のししゃも

読んだ直後のししゃもの様子がこちらになります

ししゃも
ししゃも

SLEの謎は深まるばかりです…

ししゃもは、当面の間SLEは寄生獣的なものだと思って過ごします

ししゃも
ししゃも

炎症値上げないでくれSLE!

ではおわります

皆ぜひ読んでみてね~

追記:なまけ闘病記の無料お試し版がでました

なまけ闘病記のたっぷり無料お試し版がでたとのことなので、こちらも紹介しておきます

下記のリンクからひとっ飛びでお試し版のページへいけます

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました