ゼブラのGペンに合うペン軸とその検証

イラスト

どうも、ししゃもです

Gペンのペン先は、ゼブラのものが一番いいと言われているのですが

ししゃも
ししゃも

ゼブラは丸ペン用のペン軸しか出してないじゃん…Gペンのペン軸はどうすればいいのよ…

という困った状況になりまして、ゼブラのGペンに合うペン軸はどれなのか色々試してみました

よく見かけるタチカワフリーペン軸にぶっさしてゆるゆるだった人はとくに参考にしてください

ゼブラのGペンを使うならペン軸はこれにしよう

ゼブラのGペンを使うなら、ペン先をさす部分が金属製のものにしましょう

ししゃもが色々試してしっくり来たのは東京スライダのペン軸です

東京スライダのペン軸は種類がたくさんありますが、ししゃもは持ち手が手に合わせてくびれている「東京スライダ SL2050」がお気に入りです

手の位置がいつも同じところにきますし、支えるために握り込んだりしなくて済むので助かっています

ししゃも
ししゃも

唯一の難点は机に置いた時に転がりやすいことですが、持ち手の上の方にぷにゅグリップをつけたり、タチカワペン軸のキャップをつければ転がらなくなります

ししゃも
ししゃも

タチカワキャップぴったりで不覚にもワロタ(笑)

ちなみに、ペン先部分にはキャップはハマりませんでした。残念です

では次に、どうしてゼブラのGペンは、先が金属製のペン軸でないとダメなのかをご説明します

ゼブラのGペンは厚みが薄い

ゼブラのGペンですが、タチカワや日光のペン先に比べて少し厚みが薄く作られています

なので、画材店や通販でよく見るタチカワのフリーペン軸や日光のペン軸にゼブラのGペンをつけると、ゆらゆら揺れ動き、すぐに抜け落ちてしまうのです

タチカワや日光のペン軸はそれぞれが出しているペン先に合わせて差込口のサイズが加工されていますが、東京スライダは金属の押さえで固定するので厚みの違いに対応できます

ちなみに、東京スライダにゼブラGペンをぶっさした様子がこちら

ししゃも
ししゃも

ガッチリホールドで安心感がありますね

実際に検証しました

実際に違いを検証した動画も作りましたので、より詳しく知りたい人はご視聴ください。動画の方が違いが分かりやすいと思います

ゼブラのGペンに合うペン軸の検証

まとめ

というわけなので、タチカワや日光など規格の決まっているペン軸にゼブラのペン先をつけるとスポスポと簡単に抜けてしまいます

タチカワはタチカワの、日光は日光のと、同じメーカーのペン軸とペン先を使うようにすれば一番失敗が少ないです

ししゃも
ししゃも

でも、ゼブラのGペンって薄い分柔らかくて強弱がとてもつけやすいのでぜひとも使いたい一品であります

せっかくいいペン先を買ったのにペン軸選びで失敗してお払い箱はもったいないなと思ったので本記事と動画を作成しました

ゼブラのGペンとタチカワのペン軸を一緒に買って失敗した人は、丸ペン専用のペン軸として使用するなどしてうまいこと再利用しましょう

では、おわります

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました