【節分】2020年の恵方は?節分の由来も知ろう

生活

どうも、ししゃもです

2月の行事と言えば「節分」ですね

ししゃも
ししゃも

鬼は~外、福は~内

と言いながら豆をまく風習です

そんな節分ですが、意外とその風習の意味や由来を知らずになんとなく毎年恒例だからというノリで行っている人も多いのではないでしょうか

せっかくの行事ですからこの機会にきちんとその意味を理解したうえで行ってみましょう

節分とは

そもそも節分とはいったい何なのでしょうか

節分とは「季節を分ける」ことを意味する雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを言います

そのため、実は節分自体は年に4回もあることになります

ところが、日本では一年の始まりとなる立春がとくに尊ばれたので、次第に節分と言えば春の節分のみを指すようになりました

立春を一年の始まりである新年とすると、節分は大晦日にあたります

ししゃも
ししゃも

現代人も昔の人も、一年の節目を尊ぶという感性は変わらないのだなぁ

現在節分といえば2月3日ですが、立春はその年によって変わりますので節分もそれに合わせて変わります

ししゃも
ししゃも

来年は2月2日だから気を付けようね

豆まきの由来

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています

豆=魔滅(まめ)に通じ、無病息災を祈る意味が込められています

昔話で「魔の目(魔目=まめ)」に「豆」を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」というものがあり、それに通じるということだそうな

ししゃも
ししゃも

ダジャレ祭りじゃないか

ちなみに、豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間へと定着したのは室町時代以降ですが、豆まきが鬼を追い払う儀式として初めて行われたのは慶雲3年(706年)になります

今が2020年なので、およそ1300年も前からあることになりますね

ししゃも
ししゃも

何気なくやっている行事だけど、実はすごく長い間続いている風習なのだぞ

豆まきの豆は炒ったものを使おう

豆まきだからただ豆をまけばいいというものでもありません

豆まきに使う豆は必ず炒った豆を使用しましょう

これの理由は色々ありますが、陰陽五行説の考え方が最も理に適っています

鬼や大豆は陰陽五行説(木・火・土・金・水の五行のこと)の「金」にあたるため、この「金」を滅すると言われる「火」で大豆を炒ることで鬼を封じ込めるという意味があります

そして、最後に人間が豆を食べてしまうことにより鬼を退治したということになるのです

生の豆を使って拾い忘れると芽が出てくるので縁起が悪いと言われるのも、こういった意味が根本にあるからです

柊鰯(ひいらぎいわし)

近年はこれをやっているご家庭をあまり見かけませんが、こちらも節分の際に魔除けとして飾られるものです

柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいは門口に挿したもので、西日本では、やいかがし(焼嗅)、やいくさし、やきさし、ともいいます

臭いものや尖ったものには魔除けの効果があるとされており、節分では焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺してつくります

鰯のにおいと柊の葉の棘によって門口から鬼が入るのを防ぐことができると考えられています

ししゃも
ししゃも

吸血鬼を思い浮かべてみると理解しやすいぞ。ニンニクや杭が苦手とかよく聞くよね

ちなみに、日本でも鰯の代わりにニンニクやラッキョウを飾る地域もあります

あなたのお住まいの地域はどんな柊鰯なのか、調べてみるのも面白いかもしれませんね

恵方巻

さて、近年は節分と言えば「恵方巻」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか

ここまで節分と言えば鬼のイメージがつきものでしたが、恵方巻はその辺りには全く触れないのでちょっと違った風習と言えます

恵方巻の期限は諸説ありますが、もっともよく知られているのが、江戸時代から明治時代にかけて、大阪の花街(芸子や遊女がいる場所)で商人が芸遊びをしながら商売繁盛を願って食べたのが始まりという説です

ししゃも
ししゃも

言ってしまえば、ちょっとしたお遊びからできた風習なのだ

さらに、そのころは恵方巻とは呼ばれておらず、太巻き寿司や丸被り寿司などとよばれていたようです

この恵方巻が全国に広まったのはごく最近の話で、なんと平成10年(1998年)の頃です

ししゃも
ししゃも

広まっているわりに歴史が浅いのだなぁ

大手コンビニエンスストアが全国販売をする際に「丸被り寿司 恵方巻」という名前で販売したことで「恵方巻」という名前と習慣が日本各地へ広まったのです

恵方巻は、恵方を向いて一本を丸ごと食べることで無病息災や商売繁盛の運を一気にいただくという意味があり、途中でやめると運を逃すと考えられています

ししゃも
ししゃも

2020年の恵方は「西南西」だぞ。間違えないように方位磁石で確認してから食べ始めよう!

まとめ

節分の時期は鬼のお面を作ったり、お父さんや学校の先生を鬼に見立てて豆をぶつけた思い出がある人は多いのではないでしょうか

子供の頃は深く考えずに、堂々とモノ(豆)を人にぶつけていい楽しい日くらいにしか考えていなかった行事にもちゃんと由来や意味があります

時代は流れ、古くから伝わる風習に恵方巻という新しい習慣が加わりました

さらに、最近では恵方巻の代わりにロールケーキを恵方巻として販売するところもあります

これついては賛否両論が飛び交っていますが、古くから続く豆まきも新しく加わった恵方巻も、「これから先も健康に、幸せに過ごせますように」という人々の願いが込められているという点は変わらないのではないでしょうか

ししゃも
ししゃも

尚、ししゃもはもう入院はコリゴリなので全力で豆を投げつけ、さらに恵方巻も頬張るというよくばり節分セットを行う予定です。楽しみ~

では、節分の話をおわります

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました