抗菌除菌殺菌滅菌消毒の違いとは

生活

どうも、ししゃもです

感染症の流行に伴い、手洗いうがい殺菌消毒などが重要視されています

世のホームセンターやドラッグストアから抗菌グッズや除菌シート、アルコール消毒液がみるみる消えていっていますね

ししゃも
ししゃも

ところで、除菌や抗菌、殺菌や消毒とはよく聞きますがぶっちゃけた話これらの違いとは一体なんなのでしょうか

ということで、本記事ではこれらの違いについて書いていきます

抗菌・除菌・殺菌・滅菌・消毒の違い

抗菌

抗菌は細菌を殺したり減らしたりする能力はなく、細菌の増殖を抑制することを意味します

細菌のみが対象となるため、カビ・黒ずみ・ぬめりなどは対象外となります

菌の付着防止や菌を殺したり減少させるわけではなく、ただ抑制するのみで、その抑制の程度についても決まりはありません

抗菌加工された製品は、日用品・家電製品・住宅建材・ペット用品などがあります

除菌

除菌はある物質または限られた空間から増殖可能な菌を除去することを意味します

対象となる範囲を限定することと、必ずしも微生物を殺すとは限らないことがポイントになります

ししゃも
ししゃも

石鹸や洗剤などで、洗い流したりして物理的に微生物を排除することなので、必ずしも微生物を殺すとは限らないのだ

殺菌

殺菌は、文字通り細菌などの微生物を死滅させることで、とくに病原性や有毒性のある糸状菌・細菌・ウイルスなどを死滅させることをいいます

ただ、こちらもどの程度殺すことをいうのか明確な定義はありません

滅菌

滅菌とは、熱・薬品・放射線などで細菌を死滅させ、無菌状態を作り出すことを意味します

ししゃも
ししゃも

歯医者でも治療設備は滅菌処理していますって張り紙とか見かけたりするよね

殺菌と滅菌は似ているように見えますが、滅菌の滅は全滅を表していて、微生物の生存する確率が100万分の1以下になることをいいます

ししゃも
ししゃも

無菌状態にするということは、人間の細胞も殺してしまうので、滅菌スプレーみたいな一般製品はないぞ

消毒

消毒は、生体やモノに付着している病原性のある微生物を、害のない程度まで死滅させるまたは除去するなどして、感染力を失わせ毒性を無力化することを意味します

毒性を無効化するという意味では殺菌と同じだけど、消毒の手段は殺菌以外にもあるから使い分けがされているみたいだね

消毒方法には、焼却・煮沸・日光・紫外線・薬物などが挙げられます

薬事法の関係で表記がかわる

「殺菌」は薬事法の関係で使用できるものに制限があります

薬事法の対象となる消毒薬などの医薬品や薬用石鹸などの医薬部外品で使うことができる表現です

ししゃも
ししゃも

なので、洗剤や漂白剤などの雑貨品には使用できないのだぞ

つまり、洗剤などに殺菌の効果があったとしても、薬事法の関係で除菌の表記にとどめていることもあり得ます

「消毒」という表現も薬事法の用語です

雑貨品の塩素系漂白剤などを使って消毒するという表現が使われていることがありますが、実際にその効果があっても本来その表現は薬事法の関係で使用できません

まとめ

日本人は他の国と比べて清潔好きと言われています

ししゃも
ししゃも

清潔好きを通り越してちょっと潔癖すぎるかもしれないけどね

しかしながら、除菌や抗菌の意味や用途をきちんと理解せずになんとなくで使用している人は多いのではないでしょうか

グッズや薬品の効果をきちんと効果的に発揮させるためにも、用途にあったグッズ、薬品を買って正しく感染症対策をしましょう

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました